MENU

消費者金融の必要書類は?

金融機関でお金を借りる場合、まず必要書類を準備しなければいけません。
お金を借りるのにまさか手ぶらで利用できると考える方は、それほどおられないでしょう。
しかし逆に「何を準備すればいいのかわからない」という方もおられるのではないでしょうか。

 

消費者金融のメリットは「非常に素早く利用できる」という点です。
それは必要書類が少ないことも大きく影響しています。

 

準備しなければいけない必要書類が少ない分、急な出費が発生した場合でも、すぐに申込手続きを行うことができるのです。消費者金融で要求される書類は、主に次の2点です。

 

本人確認書類

最近では本人以外との金銭契約を防ぐ意味でも、本人確認書類は厳密にチェックされます。
本人確認書類として一般的なものは「運転免許証」です。

 

その他「健康保険証」「パスポート」などでも代用できます。
外国籍の方は「外国人登録証明書」「永住許可書」「在留カード」などが要求されます。

 

これらの書類は、当然有効期限内でなければいけません。
有効期限が経過した書類は無効となりますので注意しましょう。

 

書類に記載されている「現住所」にも注意が必要です。
引っ越しをして間もない場合など、実際の住所と現住所が異なる場合には、実際の住所を確認できる次のような書類が必要となります。

 

・住民票
・印鑑証明書
・公共料金・社会保険料等の領収書

 

収入証明書類

お金を借りる前の審査で重要視される収入面を確認する書類です。
最近では申込金額によっては提出不要とする消費者金融も増えてきています。
法律上利用者の年収を書類で確認しなければいけない条件は次の2点です。

 

  • 自社の借入額(借入希望額)が50万円を超える場合
  • 自社の借入額(借入希望額)と他社の借入額の合計が100万円を超える場合

 

この条件を満たさない少額融資の場合は、収入証明書類の提出を免除する先も多くなっています。しかし提出不要とする申込金額でも、審査の過程で提出を要求されることもあります。いざという場合にあわてないためにも、できるだけ事前に準備しておくようにしましょう。

 

主な収入証明書類には次のようなものがあります。

 

・源泉徴収票→勤務先から交付される所得税額を証明する書類、直近分
・給与明細書→勤務先から交付される給与の明細書類、直近2ヶ月分
・確定申告書→税金の確定申告で作成した書類、直近分
・所得証明書→各市町村が発行する所得を証明する書類、直近分
・課税証明書→各市町村が発行する住民税の課税金額を証明する書類、直近分

 

審査の過程では、これら以外の書類を要求されることもあります。
とくに収入面で懸念のある方や、不安定収入の個人事業主などはその傾向が強くなります。
審査担当者との連絡を密にして、要求された書類はすみやかに準備するようにしましょう。