MENU

消費者金融の金利の仕組み

消費者金融でお金を借りる場合、やはり気になるのは「金利」の問題でしょう。
「消費者金融の金利は高い!!」というイメージが強く不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

はたして消費者金融の金利は本当に高いのでしょうか。
それにはまず金利の仕組みをよく理解しなければいけません。

 

金利とは?

金融機関でお金を借りると、借りたお金以外に「利息」を支払う必要があります。
「利息」とはお金を借りる際のいわゆる「手数料」のようなものです。

 

そして借りたお金に対してどれだけの「割合の利息」が発生するのかを示すのが「金利」です。「割合」ですので金利は%で表示されることになります。

 

通常、消費者金融の金利は「年利」が用いられます。
つまり借りたお金に対して「1年間で何%」の利息が発生するのかを示しています。

 

金利の表示方法には、他にも「月利」「日歩」などがあります。
それぞれ「1ヶ月で何%」「1日で何%」の利息が発生するのかを示すものですが、消費者金融でこれらが用いられることはまずありません。

 

また現在の法律では「実質年利」を用いることが義務つけられています。
個人ローンを利用する場合には、利息以外に様々な費用負担が発生することがあります。

 

たとえば「ローン手数料」「事務取扱手数料」「保証料」といった費用負担が発生することがあります。しかし「実質年利」で表示される場合には、これらの費用負担をすべて含んだ計算を行っています。費用負担がわかりやすく、返済負担も計算しやすくなっています。

 

ただし提携先ATM手数料などは別途負担が発生することもありますので注意しましょう。
また「実質年利」ではなく、単に「年利」とだけ表示されている金融機関にも要注意です。
一見低金利に見えても、契約になったときに法外な手数料などを請求される危険性があります。

 

このような金融業者は、法律を守らないいわゆる「闇金」である可能性が高いので、決して関わらないようにしましょう。

 

金利と利息の計算方法

実質年利を使用した場合の利息は、次の計算で行われます。

・利息=借入残高×実質年利÷365日×借入日数

 

たとえば30万円を実質年利18.0%で1ヶ月(30日)借りた場合の利息は次のように計算されます。

 

・30万円×18.0%÷365日×30日=4,438円

 

30万円を実質年利18.0%で借りて1ヶ月後に返済する場合には、借りた元金30万円に合わせて利息4,438円を返済しなくてはいけないということになります。

 

この30万円を毎月元利均等返済で1万円返済していくとどうなるでしょうか。

「元利均等返済」とは毎月の返済金額が一定の返済方式で、
この場合「返済元金+利息=1万円」となります。

 

つまり1ヶ月後の1万円返済には、4,438円が利息に充当されることになり、残りの5,562円が元金返済に充当されることになります。

 

この結果、借入残高は30万円ー5,562円=294,438円となります。

 

次の1ヶ月後に発生する利息は 294,438円×18.0%÷365日×4,356円となり返済金額1万円のうち4,356円が利息に充当されることになります。

 

元金充当金額は、5,644円となり、借入残高は288,794円となるわけです。

 

これを借入残高が無くなるまで続けていくことになります。
ちなみにこのケースでは、返済回数は40回、実に3年4ヶ月かかることになります。

 

消費者金融の金利は高いのか?

では消費者金融の金利は銀行カードローンなどに比較して、実際にはどれくらいの差があるのでしょうか。

 

たとえば消費者金融大手「プロミス」の上限金利は17.8%です。
一方銀行カードローンの多くは14.5%前後が上限金利となっています。
この2つの金利を、5万円30日間借りた場合について比較してみましょう。

 

・プロミス→5万円×17.8%÷365日×365日=731円
・銀行カードローン→5万円×14.5%÷365日×30日=595円

利息の違いは136円しかありません。

 

金利を比較してみると差があるように思えますが、実際にはそれほどではないことがわかります。金利の差よりも「借入金額」「借入期間」が利息負担に大きく影響することを覚えておきましょう。