MENU

消費者金融のメリットとデメリット

街中には大小様々な消費者金融の店舗や無人契約機を見かけることができます。
最近ではゴールデンタイムの時間にも有名タレントを起用したユニークな消費者金融のCMが放映されています。

 

すっかりわたしたちの生活に溶け込んでいる消費者金融の利用を考える方も多いのではないでしょうか。非常に手軽に借入できる手段として人気が高いのが消費者金融です。

 

しかしあくまで借金であり、注意して利用しないと思いもかけない失敗を招くこともあります。消費者金融を利用する場合には、メリットとデメリットをよく比較して上手に利用するようにしましょう。

 

消費者金融のメリット

素早く手軽に利用できる

消費者金融の最大のメリットは「素早く手軽に借入できる」という点でしょう。
ほとんどの先が「即日融資」に対応しており、文字通り申込を行ったその日に融資を受けることができます。

 

必要書類は主に「本人確認書類」「収入証明書類」の2点で、準備するのにそれほど手間もかかりません。最近は申込金額に応じて「収入証明書類」を不要とする先も登場しており、さらに便利に利用することができます。

 

店頭や無人契約機、インターネット、電話、郵送などの様々な申込方法が準備されていますので、自分の都合や生活スタイルに応じて申込を行うことができるようになっています。

 

返済についても口座振替、提携ATMなどの利用が可能になっていますので、自分にあった方法で返済していくようにしましょう。

 

サービス内容が充実している

最近の消費者金融は顧客獲得競争の激化から、サービス内容が非常に充実しています。
中でも「無利息サービス」は非常に人気のあるサービスです。

 

お金を借りるのに「無利息」で借りることができるわけですから、これほど便利なサービスもないでしょう。初回限定などの条件が付与されていますが、上手に活用していきたいものです。

 

消費者金融のデメリット

借り過ぎてしまう

 

消費者金融のメリットである「手軽さ」は、時としてデメリットを引き起こすこともあります。手軽に借入できる半面、借り過ぎてしまうこともあるでしょう。油断していると、多くの借金が残ってしまった、という事態にもなりかねません。

 

消費者金融の返済方式は「リボルビング払い」が主流になっています。
毎月の返済額を最小限に抑えることができる代わりに、返済期間が長期化することもあります。返済期間が長期になるということは、それだけ利息の支払い負担が大きくなるということです。

 

消費者金融を利用する場合には、必要以上に借入しないようにするとともに、借入した後はなるべく早期に返済するように心がけましょう。

 

金利が高め

消費者金融は銀行ローンなどに比較すると、やや金利が高めとなっています。
たとえば銀行カードローンの最上限金利は「15.0%」前後であるのに対して、消費者金融では「18.0%」前後となっています。

 

とくに利用実績のない初回利用時には最上限金利に近い金利設定となりますので、ある程度の負担を考えておかなくてはいけません。

 

金利が高い分、審査基準は緩やかになっていますので、短期間の少額融資であれば、利息負担も十分カバーできるでしょう。先ほどの「無利息サービス」も合わせて活用することで、消費者金融のメリットが生きてくるのではないでしょうか。