MENU

消費者金融の審査基準とは?

消費者金融でお金を借りるには、審査に合格する必要があります。
街中の小規模な消費者金融の中には「無審査で融資します」というような宣伝を掲げている先もありますが、このような先には注意しなければいけません。

 

融資を受けることができる代わりに、法外な利息や手数料を請求されることになります。
一見魅力的な宣伝に見えますが、中には暴力団関係者が出入りしている金融業者も存在していますので、決して関係を持たないようにしましょう。

 

消費者金融の審査基準は各社で異なっており、また一般的には公表されていません。
しかし審査基準のポイントはある程度共通しているといえます。

 

そのポイントをおさえて、自分の状況と照らし合わせることで、なるべく審査に不合格とならないような申込を行うことができるでしょう。どのような消費者金融でも、主な審査ポイントは次の3点です。

 

年収

返済の原資となる収入は絶対的な条件といえ、当然無収入や返済に満たない収入状況では審査に合格することができないでしょう。

 

消費者金融側にとって返済できない方に対して融資を行うと、貸し倒れのリスクが高くなるだけであり、それだけ自社の損失につながります。たとえ財産的に余裕がある方であっても、収入が不足する場合にはリスクを背負って融資を行う必要もありますせん。

 

収入面のひとつの目安が「年収200万円」のラインといわれています。
実生活での支出を考えると、年収200万円がボーダーラインと考えられるためです。

 

年収が200万円を下回る場合には、審査に合格できない可能性が高いといえるでしょう。
当然、申込金額などの条件により年収200万円を上回っていても合格できるかどうかはそのひと次第ともいえます。

 

他社の借入

他に返済しなければいけない借金が多いほど、それだけ返済原資が少なくなるのも当然のことです。つまり他社で借入を行っている方は、それだけ審査でも不利となるわけです。

 

特に消費者金融の借入は「総量規制」の対象となり、年収の3分の1を超える借入ができません。年収の3分の1のボーダーラインは、「借入金額」ではなく「借入限度額」により判断されます。仮に利用していないカードローンなどでも、借入残高が0であっても解約しなければ、借入残高として計算されますので注意しましょう。

 

また借入金額自体が少なくても、借入件数が多い場合も審査では不利になります。
細かい借入金額をたくさん利用しているということは、一度に高額融資を受けるだけの信用を得ることができないと判断されてしまうのです。

 

消費者金融は比較的借入件数に余裕を見るケースが多いですが、それでも3社を超えてくると厳しく判断されることになるでしょう。

 

返済履歴

借入した借金の返済が遅れていた方は、それだけ信用できないという方になります。
その事情などは様々あるでしょうが、わざわざその事情を考慮して新規融資を行う消費者金融もまずありません。

 

一般的には「2ヶ月以上」の延滞で個人信用情報に事故情報が登録されます。
しかし中には1日の遅れだけでも事故情報として登録する業者もあります。

 

仮にその後延滞利息を支払ったとしても、一度登録された情報は一定期間保存されます。
一度失った信頼は、用意に回復することはできません。

 

個人情報の事故情報には、保証会社を通じた家賃の支払遅れや携帯電話料金の支払遅れなども含まれます。これらの事情も考慮されずに、そのまま審査に不利な情報と認識されますので注意しましょう。