MENU

消費者金融の在籍確認とは?

消費者金融の審査では「在籍確認」が行われます。

 

「在籍確認」とは、申込時に申告された勤務先が間違っていないかどうかを確認する作業です。すでに退職しているのに以前の勤務先を申告する方もいらっしゃるので、消費者金融側でも厳密に行うようにしています。

 

在籍確認の方法

何かと規制の厳しい消費者金融業界で、在籍確認の重要性も高まっています。
わざわざ「在籍確認なし」でお金を貸すようなリスクを、大手ならともかく、小規模の消費者金融業者が行うことはありません。

 

名の知らない消費者金融が「在籍確認無しでお貸しします」というような宣伝を掲げている場合は、いわゆる「闇金」である可能性が高いので注意しましょう。

 

在籍確認は審査担当者が、申告された勤務先に電話をかけることで行われます。
よく在籍確認には嫌なイメージがあり、その場であれもこれも聞かれるように思われる方も多いでしょう。しかし実際の在籍確認は非常に簡単に終了しますので安心しておきましょう。

 

審査担当者は個人名を名乗り、決して会社名を明らかにすることはありません
周囲の方に消費者金融の利用がばれないように最大限の配慮を行います。

 

また必ずしも申込者本人と話をする必要はありません。
仮に席をはずしていたとしても、その会社に在籍しているっことが確認できればクリアーとなります。

 

通常在籍確認の電話は審査の最終段階で行われます。

審査側としても、わざわざ勤務先に電話をかけてまで不合格とする意味がありません。在籍確認の電話があれば、希望金額かどうかは別にして審査には合格できたと考えてよいでしょう。

 

在籍確認が完了しないと

逆に在籍確認が取れなければ、審査に合格することができません。
最近では個人のプライバシー保護のために、個人宛の電話を全く取り次がない会社も増えています。在籍の有無も回答しないよう取り決めされている会社では、在籍確認が取れないこともあるでしょう。

 

このような状況は、最悪不合格という結果も招きかねません。
収入面や信用情報の審査に合格できても、在籍確認ができないために不合格となる可能性もあるのです。

 

そのようなリスクを避けるには、申込の段階で必ず事情を担当者に説明しておくようにしましょう。場合によっては社員証の提示などで確認できることもあります。

 

最近では大手消費者金融のなかで「在籍確認不要」を宣伝している先も登場しています。
ただしインターネットでの申込などの条件が付与されていますので、必ず確認しておきましょう。

 

冒頭で述べたように、大手以外の名の知らない消費者金融が「在籍確認不要」としている先には要注意です。